まったりとした休日の午後にピッタリ

高嶋ちさ子のfreedom~Chisako style music
ちさ子さんのミニアンサンブル。まったりとした休日の午後にピッタリ。

音楽を楽しもうよ、というちさ子さんの提案そのもの。
息のあったミュージシャンが、楽しみながら、真剣に演奏。
これを聴けば、その仲間に入れてもらって、音楽を楽しめます。
そんな、アットホームな一枚。
最後の一曲なんて、みんなノリノリなのがよくわかります。
ちさ子さんワールドが全開、どこがって?聴いてみて、探してみてください。
意外なところにキラキラ光る名曲もあったりします。
リーフレットにある、ちさ子さんの曲解説、ぜひ読んでくださいネ。

私もCMにつられて

NDSのCMで演奏されている「ガンジス」に、私も惹かれて購入しました。結構人気なんですね。
高嶋さんと言えば、”12人のバイオリニスト”を結成して活躍中ですが、一般に言われているクラシックの古典でなく、現在音楽(といえるのかな)もすばらしく楽しめました。
もちろん古典もうまいと思いますが、切り口が変わるだけでもお得な一枚だと思います。

ぼくもCMにつられて

 僕の場合は、NDSのCMがかっこよくて興味をそそられて、そのBGMの1曲のためだけに、はじめて高嶋さんのCDを買いました。コロンビアのサイトで試聴した40秒からこれだと目星を付けました。8曲目の「ガンジス」です。
 高嶋ちさ子ワールドのすべてには、いきなりはついていけません。ですからいまのところ、中立的に★3つです。けれど、これから好きになれそうだし、知っていくだろうしと言う意味で★4つです。「満点はあげられないけれどその人ことは好きだ」というのと同じようにです。


freedom~Chisako style music

コーチ ポピー
タグ:高嶋ちさ子
posted by nana at 19:56 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完成度の高いアランフェス

村治佳織のViva!Rodrigo
2度目のアランフェス

村治佳織2度目の録音です。DVDなどを除いてということですが、以前の録音もよかったのですが、今回、思うところがあったのでしょうか。7年ぶりの録音になります。ロドリーゴ一家と交流が深まるにつれて、おそらく前の録音に不満を覚えたのかも知れないと勝手に想像するのですが、今回はロドリーゴ最初のギター協奏曲である「アランフェス」に始まり、最後のギター協奏曲となった「ある宴のための協奏曲」で締めくくるという意味深な内容。共演のオーケストラは名前も知らないガリシア交響楽団なのですが、この楽団の音の深みが美しく「へぇ?」と思わせるところがところどころにあります。まさにスペインを感じる一枚に仕上がっていて、これは村治佳織の狙いだったのかもしれませんね。余談ですがデジパックのジャケットが大変に綺麗です。

録音に難あり?

 録音の質について,少々首を捻りたくなる部分がある。ややデッド気味だが,楽器の音をしっかりと拾っており,見晴らしは良い。しかし,アタック感やダイナミックレンジの点で「?」と感じる部分がある。また,各楽器の大きさ,配置,距離感など,いわゆる音場の構築については,残念ながら見晴らしが良いとは言えないように思う。

 しっくりとこない理由は,各楽器が一つところにギュッと詰め込まれているように感じられるからだろう。また,音像から受ける印象が,実際の楽器の大きさよりもかなり大きく感じられる部分がある。録音なのだから等倍にはならないが,等比関係にあって欲しい。このせいで,えらく大きな楽器が狭い場所にひしめき合っているような印象を与え,息苦しく感じる。

 もちろん,全てがおかしいとは言わない。が,盛り上がる部分というのは,ほとんどこの状態になっており,これが鬱陶しいこと甚だしい。編集には細心の注意を払ってもらいたい。

完成度の高いアランフェス

村治がアランフェス協奏曲を録音するのは三回目である。一回目は99年のCDでオケは新日本フィルハーモニー。村治の演奏はテクニックにつたないところも聴かれるが、若々しい勢いがある。二回目は01年のDVD「コントラステス」で、オケはマドリッド州立交響楽団。一楽章と二楽章は99年よりやや遅めのテンポをとり、ギターは無難な演奏、オケは二楽章の聴かせどころで破綻している。今回の演奏は、テンポは01年に近い演奏だが、一楽章の冒頭と二楽章のカデンツアに村治の熟達を感じる。かつての名演奏といわれたイエペスのアランフェスより総合的に協奏曲としての完成度の高さがある。(迫力と重厚感ではイエペスのギターにはかなわないが)新解釈なのだろうか、一楽章でスタカートしないで弾くところが気になる。(ギターもオケも)初めて聴く「ある宴ののための協奏曲」は、ギターがテクニック的に難しい。すぐに覚えられる旋律がなく、速いスケールが多用されている。初演をまかされた名手ペペ・ロメロが「難しい」ともらしたそうなので、村治の演奏が弾くだけでやっとに聴こえるのも仕方ないか。山下和仁の演奏で聴いてみたいものだ。10月27日に村治のコンサートを聴いてきた。プログラムにバッハのリュート組曲一番(全曲)とシャコンヌ(BWV1004より)があった。シャコンヌは弟奏一氏のバイオリン譜によった編曲と違い、効果的に和音を用いた編曲(セゴビア的)であった。切れのよい分散和音(アルペジオ)が印象に残った。佳織嬢は、今後バッハの作品に取り組んでいくとコメントしていたので、CDになるのが今から楽しみである。

Viva!Rodrigo

ダコタのレイジーシリーズ
タグ:村治佳織
posted by nana at 22:51 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くの名演と言われる録音の中でも、イチ押し

手元に1枚必携のCDです!
1970年に46歳の若さで他界した(一説によるとアルコールの飲み過ぎによる心臓発作とも言われています)伝説になりつつあるフランスの天才ピアニスト、サンソン・フランソワが最も得意としたラヴェルのピアノ協奏曲集です。

特に「左手のためのピアノ協奏曲」が素晴らしい演奏です。

多くの名演と言われる録音の中でも、イチ押しと言って良いでしょう。


フランソワ、ピアノと戯れる

解釈するという言葉より「演奏する(or 遊ぶ)」という言葉を好んだフランソワらしい演奏。

まさに、この瞬間に曲が生まれているかのような新鮮さに溢れています。

特にト長調の協奏曲は天性のリズム感が冴えわたり、彼の思いのまま自由自在に指が鍵盤を駆け巡る妙技に惚れ惚れします。

左手の協奏曲も素晴らしい!感情を表に出すのを嫌ったラヴェルの心の叫びが、フランソワの指を通じて激しく噴出しているかのような錯覚にとらわれます。


録音を気にしない人向き

曲が良くないと思った方へ。

曲が良くないのではなく、録音が良くないのです。

1959年の録音で、ステレオと書いてあるけれど、音像が中央に集まっていてモノラルかと思いました。

独奏ピアノとオーケストラの音量の比も7:3くらいで、オーケストラが非常に貧弱な音です。

フランソワのピアノ演奏は流麗で素晴らしいので、録音の音質を気にしない方、同曲の2枚目、3枚目のCDをお探しの方にお勧めします。
ラヴェル:ピアノ協奏曲
フランソワ(サンソン)
チーク
posted by nana at 17:17 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に地獄の風景みたいだ

幻想・幻覚・妄想交響曲ミュンシュの熱い演奏
演奏が自分との相性がイマイチ流し聴き程度の曲の一つでした。
しかし「ミュンシュ率いる」「この時のパリ管」は違います。


ベルリオーズの気性の激しさ危なさ直球ストレートで縦横無尽に伝わってくる演奏。
久々の鳥肌もので、恥ずかしながら涙が出ました
(特に一楽章のラスト盛り上がり私はココが第一ポイントで大好き)
日に隙を見つけては何度も聴いてしまいました。


こんなこと「ムラヴィンスキー/アルプス交響曲」以来です

なんというグラマラスさゴージャスさグロテスクさ!!
恋をする美しさ、失恋に苦悶、絶望しドロドロした醜さが
鮮やかに浮かんできます。
1楽章のラストへ向かう弦、管、打楽器総動員部分
”熱気に浮かさ渦巻く情念、狂おしい情熱!!”
常軌を逸してます=幻想交響曲=ベルリオーズ

2楽章舞踏会で夢を見るような美しい三拍子
3楽章野の風景静寂でも常に不安に満ちて・・

4、5楽章
ここの演奏でCD賛否が分かれるんでしょうね
かなりイッテますから。
4楽章断頭台への行進ザックリ切るような弦楽器に
気が狂うようなティンパニとトランペットファンファーレ
5楽章グロテスクで不気味嘲笑魑魅魍魎!

それにしてもミュンシュ/パリ管凄いです(ブラームス1番もですが)
「やったるで!!」とパリッ子パリ管の意地を感じました

ブラ1と幻想、ミュンシュ様につきます!!

批判、大いにあると思いますがそこは好みということでお許しを・・・
異様な熱気溢れる名演
ミュンシュはこの曲を得意としているせいか、全編に異様な熱気が充満している。

しかもテンポも速めで、緊張感や生命力もすばらしい。

ミュンシュの最晩年の録音だが、まるで青春真っ盛りの時期にミュンシュが若返ってしまったような演奏。
第二楽章の華やいだ雰囲気も生きていてし、第四楽章のティンパニの迫力も凄い。

第五楽章に出て来る、最後の審判を知らせる鐘の音が、明るくてなんだか怖い。

本当に地獄の風景みたいだ。
どの楽章でも、各場面が目に見えるような演奏。

この作品を理解するなら、この演奏に勝るものはないと思う。

録音年代は60年代だが、音質もまあまあ。


幻想交響曲と言えばまずこの盤でしょう
万人が、幻想交響曲といえばこういう演奏だろうという夢想のようなものが、この盤で具現化されている。
パリ管、ミュンシュ、、、、、、こうだろうという演奏が展開される。
やや脱線するが、かつてフランスチームのサッカーは「シャンパンのようだ」と形容されていた。

この演奏も、どこかシャンパンのような華やいだ感じと、シャンパンファイトのような激しさが入り混じっている。
特に終章は期待通りだ。
ベルリオーズ:幻想交響曲
ミュンシュ(シャルル)

ロクシタンは香りが優しくて大好きです
匂いもすごく好きな香りでかなりしっとりしますまた購入したいです。
posted by nana at 19:36 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラシックを聴いて泣いた

満足しております
クラシック音楽に関しては素人の私ですが、思い切って買って良かったです。


聞いていて気分が落ち着いたり、高揚したりする曲で溢れています。
今までクラシックを敷居の高い音楽だと感じていて敬遠していたのですが、
このCD購入を機にもっと色々聞いてみようと思います。


第2弾を待ってます
色んなレーベルから『ベスト100』がリリースされてますが、個人的にEMIさんの選曲が好きで
『ベスト・バロック100』と『ベスト・スピリチュアル100』も持ってます。


バッハはまだかなーと待ってたらやっと出たので、すぐ買いました。
第1楽章だけ、第4楽章だけといった中途半端な編成はなく、一曲を通して聴けるのでお薦めです。


例えば協奏曲は「急?緩?急」の3部構成が殆どなので、第2楽章だけ聴いても魅力が半減してしまうからです。


初めてバッハに触れた方は『ミサ曲ロ短調』だけでも全曲版で聴いて頂きたいです。


べスト100からベスト1を選ぶという愚の骨頂を敢えてするなら『2つのヴァイオリンのための協奏曲第2楽章』でしょうか…
音楽評論家の山本一太氏が「もしこの曲を聴いて心理的感情的反応を何も起こさないのであれば、
あなたは音楽が与えてくれる慰めなど全く必要とせずに人生を送ることができる人かもしれない」と仰っていて、然もありなん。
私のクラシック歴は20年以上です。

その間モーツァルトやベートーベンに傾倒したこともあります。


しかし、結局還るのはバッハなのです。

クラシックを聴いて泣いた(2曲あるのですが、
内一曲は、前述の『2つのヴァイオリンのための協奏曲第2楽章』)のもバッハだけ。


それでも全曲聴いたわけではなく、まだまだ知らない名曲が沢山あるのだと思います。


100曲も、ではなく100曲しかないって感じです。

是非『ベスト・バッハ1002』を作って欲しいです。


おすすめです!
クラシックは好きですが、詳しい方ではありません。


クラシック集のCDの中で「いい曲だな?」と思うのがバッハの曲ばかりだったので今回購入してみましたが、もともとバッハが好きだったからでしょうか、聴いていて落ち着きます。


6枚組というのには正直勇気が要りましたが、毎回違うディスクを選べる感じで手軽に聴けています。


曲もCMなどでよく聞く曲が多い気がします。


お値段の割には曲数も豊富で、入門編にはもってこいかも。
ベスト・バッハ100
オムニバス(クラシック)
posted by nana at 14:39 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。