やはり「真実は小説より奇なり」


AUTHOR: admin
立花 隆の宇宙飛行士との対話

SF・・・やはり「真実は小説より奇なり」
2よりも1の方が面白い。
実際に地球を後にした宇宙飛行士たちの話は何年経っても色褪せません。
特にOLから宇宙飛行士へと異色の転職を果たした菊地涼子さんの話は、可笑しくて可笑しくて一気にファンになってしまいました。
性格や宇宙飛行士になるまでの経歴は全く違う4人。
では、宇宙飛行士に求めらる素質とは?
それぞれの個性がインタビューから十分伝わってきて、とても楽しめます。

宇宙体験、神、これからの宇宙開発
 2巻に別れた立花隆の「宇宙対談集」。SF作家から日本人宇宙飛行士、心理学者、司馬遼太郎と多彩な顔ぶれで宇宙体験と神、日本の宇宙戦略を論ずる。
 やはりスペースシャトルで実際に宇宙に行った毛利衛の体験談が興味深い。宇宙空間から眺めた地球の美しさは言葉につくせないというが、うらやましい限りである。
 それにしてもわが国の宇宙開発に対する施策のお粗末さは悲しい限り。バッサリ斬り捨てる立花の論調が小気味良い。
 日進月歩の宇宙開発現場では一昔前の対談集といえなくもないが、内容は読み応え十分。
宇宙を語る〈1〉宇宙飛行士との対話

ケイトスペード 財布
タグ:立花 隆
posted by nana at 16:04 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。