若い人にとって悪くない

澁澤龍彦が書いた澁澤龍彦入門
澁澤さんが最晩年に書いた小説。この冒険譚は、精神の波瀾万丈の
面白さ。ここから入って、澁澤さんの業績に、歩を進めるのは、
若い人にとって悪くない。

循環同心円構造で描かれた夢の集大成
澁澤氏が先に執筆したエッセイ中の思索を、薬子の乱を主因として天竺を目指す事になった高丘親王一行の幻想的航海記に託して描いた集大成的物語。最低限の史実を除き、リアリズムは排し、奇想と非論理(無意味)から生じる笑いを主題としているようである。

一番感じるのは、「私のプリニウス」、「胡桃の中の世界」の影響である。薬子の"卵"生願望、高丘親王の重層"円"的思考法、人語を操る動物を初めとする珍奇な動植物、アンチボデスの概念(プリニウスは裏側の人間は何故落ちないのか疑問を呈している)、球・円形オブジェへの拘り、種々の蛮族、「鳥=女神」論、全てエッセイ中で語られている。また、一行中の円覚を「日本人離れしたエンサイクロペディックな学識」を持つと評しているが、これは作者の自評だろう。大蟻食いのエピソードが示す、真と偽に代表される弁証法的二元論も澁澤ファンには御馴染み。この物語の時制を整理すると次のようだろう。

(1) 薬子、空海が登場する、高丘親王の幼年・青年時代(過去)
(2) 旅行中の現在
(3)の中で見る夢の世界
(4) マルコ・ポーロ等の名が出る未来

(3)の中に(1)が現われ、(1)で(2)を予見し、(2)で(4)を予言すると言う、まさに玉葱の皮状態の循環同心円構造。秋丸・春丸、ジュゴンの転生にも輪廻思想が現われている。鏡の写像で生死を気にする姿は、"洞窟の影"の暗喩か。本作全体が高丘親王の"影(夢)"のようである。結末もファンタジックで集大成(遺作)に相応しい内容と言えよう。

澁澤先生最高傑作小説
澁澤先生、今生きてらしたらパイプどころかタバコも吸えない嫌な世の中でさぞ御憤慨だったでしょう。この最後で最高の小説、もちろん単行本出た時すぐ買わせて頂きましたが別れた女が返してくれず文庫買い久々に再読させて頂きました。泣けます。評論も何冊か再読致しましたが若い時先生の本読みまくったおかげか先生と基本的に同じ価値観の自分を誇りに思います。政府は金ばらまくならこの小説を全国民に送るべきです。そうすれば禁煙ファッショなどが、いかに愚かか自ずと分るのに…。それではまた。

高丘親王航海記
渋澤 龍彦

二つ折り財布
タグ:渋澤 龍彦
posted by nana at 18:28 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。