もう一ひねり欲しいかな

ストーリー自体はどっかであったような・・・平凡な青春小説です。
帯とかで紹介されているほどそれほどテンポも良くなかったし、主人公のキャラが弱すぎる。
廃部寸前の軽音部が文化祭を目指すっていう設定は大好き(洋楽限定)なんだけど、キャラやストーリーにもうちょっとひねりが有っても良かったかも。


これぞ青春小説!!
あなたはロックバンド…好き? バカで熱い青春ストーリーって…好き? 胸が爽やかになる読後感って…好きですか? 高校を舞台に熱きバカ達の青春が爆発する!! 規則規則で生徒をがんじがらめにする嫌な教師に、味方?になってくれる謎の教師… かけがえのない仲間 魅力的なクラスメイト 絶体絶命の軽音部が奇跡を起こす!!! 青春映画の傑作「シコふんじゃった」や「スウィングガールズ」、「ウォーターボーイズ」etc…そのどれにも負けない! 映画を越える小説の誕生です!! さぁ一緒に、ロックしようぜ?っっ!!

ジャケ買いしました。
CDやレコードでジャケ買いがあるように本でも、そういう買い方もアリと教えてくれる作品。僕は(例えば)”小説や漫画で音楽を表現できるか”という事を(自分の)テーマの一つとして持っているので、とても興味深く読ませて頂きました。ポンコツツギハギ感はあるものの、何というか”ダサカッコイイ”感を感じさせてくれて、グイグイ引っ張る疾走感もありました。10代20代は勿論、30代40代にも、「忘れちゃいないけど、こういう事をおざなりにしていませんか?」という事を軽妙に教えてくれる筆力には、脱帽しました。勿論、突っ込みドコロもありましたけど、(野暮だなと思い、書くのを止めました。)それを補って余りある作品。それから、表紙の神山啓人クンの弾けんばかりのジャンプに免じて星一つはオマケです。(笑)最後の曲紹介のページも粋で素敵です。(表紙の)まんまの話に、久しぶりに若さ溢れるストレートなポップチューンを堪能させて頂きました。ご馳走様でした。(追記ですが)作中に出て来る曲を全く知らなくても充分、楽しめますよ。(o^-')b

階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)
越谷 オサム

マネークリップ
posted by nana at 17:56 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。