原典通りの演奏がまどろっこしく感じるほどに音楽の流れがよい

古典的名演
ヤッシャ・ハイフェッツは、音楽之友社の『新音楽辞典 (人名)』によれば「その名が〈ヴァイオリン的完璧性〉の同義語とさえなった20世紀最大の巨匠の一人」である。


その彼の名刺代わりとなるのが、このメンデルスゾーンのホ短調のヴァイオリン協奏曲と、チャイコフスキーのニ長調のヴァイオリン協奏曲のカップリングCDであろう。


チャイコフスキーの協奏曲のほうは、師匠のアウアーが施した慣例的カットを施しており、原典通りに弾くことの多くなった昨今では、形式面での古さは否めない。


しかし、この演奏は、原典通りの演奏がまどろっこしく感じるほどに音楽の流れがよい。


同僚のエルマンのような泥臭さの強調もなく、シャープな弾き口でありながら、往年のフーベルマンのような硬さもない。

感情過多に陥ることのないセンスのよさが、演奏の格好の良さにに繋がっている。


ロシアの作曲家としてのチャイコフスキーのキャラクターをグローバル化したという点だけでも、ハイフェッツの業績は素晴らしいと思う。


チャイコフスキーの協奏曲におけるハイフェッツの演奏の切れ味の鋭さは、フリッツ・ライナーの、贅肉をそぎ落としたスマートな伴奏によって、よりいっそうの鋭さを獲得している。


第一楽章のクライマックスでも感情におぼれることなく、緻密にオーケストラを鳴らしていく冷静な視点は、ハイフェッツの演奏のクールさと親和性が高い。


メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、ハイフェッツの演奏のクールな美しさが見事だが、ややミュンシュの伴奏に元気がないのが気になる。


とはいえ、チャイコフスキーの協奏曲におけるライナーのサポートと比べてのことなので、演奏の充実度は高いレベルにある。


ハイフェッツとは、ルーティン・ワークの権化である

ヴァイオリンの王者などともてはやしているが、シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲の初演を依頼されたとき、尻尾を巻いて逃げた人である。


音楽的進歩に何の関与もできなかった哀れな人でしかない。


ハイフェッツの奏でる音楽は、どれも保守的で、何の刺激ももたらさない。


チャイコフスキーやメンデルスゾーンなど、もはや死んで何年経つ作曲家なのだろう。


こうした死んだ作曲家を誉めそやし、今日の音楽をないがしろにするような行為は、恥ずべきであろう。


入門盤のチャィコン・メンコン

いわゆる、メンコン・チャイコンの定番曲、指揮者とソリスト、オケのバランスも素晴らしくオケを完全にドライブしています。

、嫌味な演奏でなく心地よく耳に入ります。

ちなみにフィギアスケートに関心があるならお勧めです。

もちろんクラッシク初心者の方にも親しみ易いと思います。


本当に、お買い得です(安い!!)お勧めします。


SAYAKAさんSUWANAIさんのアルバムの聴き比べもよいと思います。
メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ハイフェッツ(ヤッシャ)

どこのショップでも人気のヘレナルビンスタインのマスカラを初購入。噂通りボルーミィーでぱっちり目元になりました。
posted by nana at 17:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。