自分も常にカラッとしていたいと思わずにはいられない

カッコイイねぇ
私的順位はこの二巻が1番好きで、次いで一巻、そして三巻となる。

面白い。

読んだ後は、男に生まれたなら、自分も常にカラッとしていたいと思わずにはいられない。

ちょうど、アクション映画を観た後に肩で風切って歩きたくなる感じと似てます。

それがコレ読むと「気風良く生きたくなる」になるんです。

登場人物が皆カッコイイですからね。

男性はもちろんですが、あえて女性にこそ読んで欲しいシリーズです。

新渡戸稲造曰く、「武士道とは何も男に限った事ではない」そうですから。

浅田次郎の真骨頂。

珠玉という言葉はこの作品集にこそふさわしい
物語を紡ぐ職人、浅田次郎の真骨頂。

不思議なリズムを持った小気味良いべらんめぇ口調が、脳内に残響を残しつつ幾度となくリフレインする。

これは現代の講談だ。

ご幼少のみぎりに公園で飴玉につられて見た紙芝居だ。

現代の作家で、この手の人情話を書かせたら浅田次郎の右に出る者はいない、と断言してしまおう。

一時、泣かせのテクニックが安直に陥ってしまい、作為的で嫌味すら感じたこともあったのだが、この作品群では見事に復活を果たしている。

実に華麗な寸止めぶりである。

空手十段の達人が放った寸止めがごとき荒業。

顔に身体に鋭い風圧を感じさせながらも、まぎれもない寸止めなのである。

ご存知無い方のために説明するが、「天切り」とは天井を切って侵入する泥棒手法のこと。

実際に瓦などをはがし、鋸、ノミ他の七つ道具を手に天井を切って侵入するのである。

泥棒手法の中でも、最高に華麗な荒業なのだ。

その天切りの使い手だった松蔵。

人呼んで「天切り松」。

ちゃちな犯罪者が横行する現代に蘇った旧弊の大泥棒が、警視総監から大臣にまで請われて、犯罪防止と称し、泥棒話法の「闇がたり」を駆使して語る往時の大浪漫なのだ。

前作のメンバーが顔を揃える。

振袖おこんは相変わらず良いなぁ。

前作の山県有朋から盗んだ金時計の話も良かったけど、こちらも勝るとも劣らない(花と錨)。

他にも目細の安吉、黄不動の栄治、などなどオールスターキャスト。

小政の登場する「残侠」「切れ緒の草鞋」(前後編)、目細の親分が登場する「目細の安吉」、百面相の書生常の「百面相の恋」、待ってました振袖おこんの「花と錨」、黄不動の栄治の「黄不動見参」、そして松蔵自身の「星の契り」「春のかたみに」の全8話が収録されている。

どれもこれも粋でいなせな奴らが活き活きと描かれている。

もうため息が出るほどだ。

珠玉という言葉は、この作品集にこそふさわしい。

天切り松 闇がたり 2 残侠浅田 次郎


posted by nana at 23:09 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。